ちこり学習日記 2日目


昨日の振り返り

昨日は以下の予定を立てました。

実践力を身につける Pythonの教科書 に取り組む
シグマ基本問題集 英文法 に取り組む
自分の特徴や行動をメモし分析

早速今日から取り組んでみます。


今日の取り組み

まず優先順位が高いPythonに取り組んでみました。
Chapter 1-1 プログラミングやPythonについて から読み進めていきます。

プログラミングによって仕事を自動化できる
論理思考力(ロジカルシンキング)を培うことができる
問題解決のためのスキルを向上させることができる
クジラ飛行机『実践力を身につける Pythonの教科書』 3ページ(マイナビ出版・2016年)

プログラミングを学ぶメリットの再確認。
2つ目と3つ目が特に大事だと思います。


本書を楽しく読み進めるヒントを紹介します。というのも、プログラミングの入門者が陥りやすい罠があるのです。
それは「100%理解しないと次に進めない症候群」です。
これは、最初から解説やサンプルプログラムのすべてを理解しようとして、熱心に本を読んでいく人に多いのですが、そのつど、すべてを理解しようとするため、何度も同じ所を繰り返し読んで、なかなか先に進めなくて、イライラするという状況が連続します。
最後には、本を読むのをやめるだけではなく、プログラミングが嫌いになってしまいます。
クジラ飛行机『実践力を身につける Pythonの教科書』 5ページ(マイナビ出版・2016年)

私だーーー!!!
いきなり痛いところを突かれました。けど100%理解する必要がないよ、って書いてあると救われますね。メンタル的に 笑


Chapter 1-2 Pythonのインストール に入ります。
一応Anacondaをインストールしていたのですが、良く分からないままインストールしたものなので改めて入れ直します。

Add Python 3.6 to PATHにチェックを入れるのは分かったのですが、何故チェックを入れるのでしょうか?本は理由に触れていないのでさっぱりです。
公式ドキュメントを見てみました。コマンドプロンプトからなんか色々出来る様になるみたいですね。(よくわかってない)
とりあえず画像のように設定してインストールをします。そういえば、私の使用しているPCは64bitなのだがインストーラは32bitで大丈夫なんだろうか。

なんだこれ(英語が読めない)
Disable path length limitをGoogle翻訳に突っ込んでみたらパス長制限を無効にすると出てきました。
Windowsのパス長さが260文字制限のようなので、それを解除するためのオプションかなんかって感じでしょうか。とりあえず長くなる予定はないので今回はパスです。

無事にインストールが完了しました。
これで終わり!と思いきやpython3コマンドを有効にする、と書いてあります。

Mac OS X版をインストールすると、「python3」というコマンドが使えるようになるのですが、Windows版では「python」コマンドが使える様になります。
Pythonには、2系と3系の両方があり、できれば区別して使いたいものです。
クジラ飛行机『実践力を身につける Pythonの教科書』 8ページ(マイナビ出版・2016年)

なるほどね。
では、python3コマンドを有効にするためにpython.exeをpython3.exeにリネームします。
終了です。すごいあっさりなんだけど、本当にこれで大丈夫なのだろうか...。


Chapter 1-3 Pythonの対話モードについて に入ります。
ですが私は対話モード?REPL?なんぞや?です。(知識なさすぎとか言わないで...)

REPLとは、英語のRead-Eval-Print-Loopの頭文字を取ったものです。
入力を読んで(Read)、評価して(Eval)、結果を表示(Print)することを繰り返し実行する(Loop)という意味です。
クジラ飛行机『実践力を身につける Pythonの教科書』 12ページ(マイナビ出版・2016年)

これを利用すると、1行プログラムを入力するごとに、その結果を見ることができるので、プログラムの学習や、Pythonの動作を確認するのに、とても都合が良いのです。
クジラ飛行机『実践力を身につける Pythonの教科書』 12ページ(マイナビ出版・2016年)

分かるけど分からない。しっくりこないというか。
こういう時はとりあえず試してみましょう。
ファイル名を指定して実行で cmd と入力してコマンドプロンプトを呼び出し、python3と入力します。

REPLが始まりました!なんかこれだけで感動。
>>>が表示されている時は、Pythonに指示を与えることができるみたいです。
とりあえず計算をさせてみます。

しっかり計算してくれました!
割り算だけ割り切れる数でも実数で返してくるんですね。少し不思議。
それより1行プログラムを入力してすぐに結果を返してくれるの気持ちいいですね。


REPLを試してキリがいいので今日はここまで。
メモがてらにブログを書いていたせいか思ったより時間を食ってしまい、英語を勉強する時間がなくなってしまいました。